株式会社 ササクラ・アルク・エーイー

TOP > 業務内容 > 導入事例②

業務内容②

ササクラ・アルク・エーイーでは消音設計から施工後の騒音測定まで、すべて一括で対応致します。
また、騒音問題が発生している場合には、騒音調査を行って各音源に対する
消音・遮音対策をご提案いたします。

騒音コンサルタント及びその費用について

導入事例②

例1:発電機室騒音対策

日本テクノ袖ヶ浦グリーンパワー(2012年8月運転開始)でALQEEの消音器が採用されました

日本テクノ袖ヶ浦グリーンパワーは川崎グリーンガスエンジン14基を備えた11万kW級の発電所が新設されました。

今回、この発電所でALQEEの消音器が採用されました。建屋壁面にあるガラリより外気を取り入れ、屋根面の排気口より排気します。 ガスエンジン騒音がそれぞれの給排気口から外部に漏れないように、給気サイレンサーおよび排気サイレンサーを設置しました。 サイレンサーはどちらもAEC型(セル型)です。給気サイレンサーは縦型(上から下へ通風)で出入口両方に消音チャンバーを有します。 給気ガラリから入った空気はエアーフィルタを通り、サイレンサーを通過し圧力扇でエンジン室内へ取り込まれます。 排気は屋根の開口(2つ)から排気サイレンサーを通り外部へ放出されます。 雨水の侵入を防ぐためサイレンサーは出口フード付きでサイレンサーもフード側に傾斜を付けています。 完成後の騒音測定で給気ガラリより5.8m離れた境界線で目標値の65dB以下となりました。

排気サイレンサー 排気サイレンサー(内部)

給気サイレンサー給気サイレンサー(上部)

日本テクノ袖ヶ浦グリーンパークでは、給気サイレンサーが8列×4段、排気サイレンサーが8列×2段で発電機1台に対応する消音装置となっています。 消音装置と室内壁との間には吸音材内貼りのチャンバーがあります。また、排気消音装置には雨水の吹き込み、侵入を避けるためフードを取り付けました。 これら給気・排気消音装置がそれぞれ14基設置されました。

屋上排気サイレンサー外観

こんなところの消音をしています②へ