株式会社 ササクラ・アルク・エーイー

TOP > 業務内容 > 導入事例①

業務内容①

ササクラ・アルク・エーイーでは消音設計から施工後の騒音測定まで、すべて一括で対応致します。
また、騒音問題が発生している場合には、騒音調査を行って各音源に対する
消音・遮音対策をご提案いたします。

騒音コンサルタント及びその費用について

導入事例①

例1:空調機室外機の対策

音源を塀で囲って直接音を低減する方法は有効ですが、空調機室外機のように給排気が必要な機器の場合は塀の下部に吸込口を必要とすることが多い。下部吸込口からの影響を極力少なくするために、塀を防音壁として内部でも吸音材によって、音圧を下げる工夫をしています。特にこの例のように地面が反射性の場合その重要性は高まります。

対策前/境界線で 59dB 対策後/境界線で 49dB

例2:工場排気口の対策

工場の壁に設けられている排気口の騒音 ( 音源は排気ファン ) が、 100m 以上離れた川向こうの民家まで影響していた。排気口が地上約 20m の位置にあるため、遠方まで音が到達することになった。
対策は排気口の先に消音器を取り付けた。この排気は若干の水分 ( ミスト ) を含むものであったため、耐水性に優れたエスミュートという吸音材を用いた消音器とした。エスミュートはガラス廃材を原料とするエコマーク商品。

グラフ:排気口近傍騒音

こんなところの消音をしています②へ

▲ページトップへ